Event

IWNC Tribe Seminar
特別公開

タッチ・ユア・ハート
〜健康×リーダーシップ〜

IWNC Tribe Seminar
特別公開
タッチ・ユア・ハート
~健康×リーダーシップ~

タッチ・ユア・ハート ~健康なリーダーが健全な未来を導く~」
リーダーは健康でなければならない。 
私たちは今日の企業健診の在り方やその促進の仕方に些か疑問を呈する。
I W N Cではこの10年、数多くの次世代経営リーダー育成に携わってきた。
軸と思いを持ち、リーダーとして自己変革と研鑽を続けている多くの人材が、
より責任のある役職につかれ、実践実務で痺れる経営判断に挑み、
そして成果を上げている。
ところが、せっかく能力のある次期経営人材でも、体調不良では務まらない。
健全なリーダーシップは健康なリーダーでなければ出せない。 
最悪は不慮な体調不良で個人の未来はおろか
企業の未来をダメにしてしまったケースに遭遇する機会も少なくない。
 
健康なリーダーが健全な未来を導く・・・ 
本セミナーは、次世代人材育成に責任を持つ経営者・人事関係者に
是非ご参加願いたい。 
チームバティスタでも有名な心臓外科医須磨先生をお呼びして、
健康なリーダーとしての本質、それからワンタイム企業健診の在り方について、
是非再考頂かれば幸いです。
 
IWNC代表取締役 石川博久

日 時 :2022年3月30日 (水) / 16:00 - 18:00 (15:50 Open)
会 場 :オンライン(Zoom)
参加費 :無料
共 催 :株式会社IWNC/medock(メドック)総合健診クリニック

テーマ:「タッチ・ユア・ハート ~健康なリーダーが健全な未来を導く~」
登壇者 :須磨 久善先生(medock総合健診クリニック院長)

パネルディスカッション:
     八木 洋介  (株式会社 IWNC会長、株式会社 people first 代表取締役)
     石川 博久  (株式会社 IWNC代表取締役社長)


【須磨 久善先生 ご経歴・ご業績】
1950年   兵庫県生まれ
1974年   大阪医科大学卒業後、虎の門病院外科レジデントを4年間勤める
1978年 から  順天堂大学 続いて
1982年 から  大阪医科大学で心臓外科を学ぶ
1984年に  米国ユタ大学心臓外科に留学して最先端の心臓外科を学ぶ。 
        帰国後1986年、36才の時に世界初の胃の動脈を使った
        新しい冠動脈バイパス手術に成功。
1992年5月に 三井記念病院 心臓血管外科部長に就任後
1994年から   2年間、ローマカトリック大学心臓外科教授としてイタリアに在住。
 帰国後
1998年に  湘南鎌倉総合病院 院長
2000年から 葉山ハートセンター 院長を勤めたのち
2005年より 六本木の心臓血管研究所 スーパーバイザーを経て
現在、          medock総合健診クリニック院長並びに医療法人社団 令樹(れいじゅ)理事長を勤める。
1986年に   世界に先駆けて胃大網動脈グラフトを使用した
       冠動脈バイパスを成功させて国際的な評価を得る。
                  続いてイタリアから帰国後の1996年日本初のバチスタ手術を行い、
                  その後も数多くの拡張型心筋症に対する左心室形成術を成功させた。

これらの業績がNHKの「プロジェクトX」、「課外授業-ようこそ先輩」などで
紹介され、テレビドラマ「医龍」、映画「チームバチスタの栄光」等の
医療監修を行った。
2010年、チームバチスタの作家 海堂尊氏 による
須磨の半生を描いた小説「外科医 須磨久善」が
テレビ朝日で特別番組として放映され水谷豊氏が須磨役を演じた。
その同じ年に日本心臓病学会から栄誉賞が須磨に授与された。
 2012年、自著「タッチ・ユア・ハート」が講談社、
2014年に「医者になりたい君へ」が河出書房から出版された。