Case Study

(住宅建材)

統合で生まれた巨大組織の内部で、
リーダーたちの心が一つになるまで。

国内住宅市場は成熟し、業界全体として大きな転換期を迎えていた。国内の主要な建材・設備機器メーカー数社が統合して誕生したI社。各社の強みを活かすことで総合的な住空間のプロデュース業への変革を図ると同時に、海外事業を強化するために海外M&Aを積極的に行っていく。しかしながら内部では未だ旧会社の鎧が外れず、経営層の意思疎通すら図れない状態にあった。

リーダーたちの意識改革。

建材メーカー数社が統合された。市場の期待は大きく、1兆円の時価総額が5年で1.8兆円まで増幅した。着任した海外企業出身の経営者は、シュリンクする日本経済からの脱却を図り、グローバルに舵を切る。ところが、内部ではあいもかわらず旧会社が個別の事業戦略を変えようとせず、統合の付加価値がここにきても大きく跳ねてこない。リーダーたちの意識変革という火急の課題に向けて、プログラムが組まれた。

自分の心を絵に描く。

各部門長がそれぞれ小型漁船に乗り込み、無人島に集結した。初日。最初のセッションはなんと実際に絵を描くことから始まった。一人ひとりが自らの心の中にあるビジョンを絵に描く。こんなことに意味があるのか。戸惑いながらも取り組む参加者たち。できあがった絵を心理学の専門家が解読する。意外な深層心理が浮かび上がる。「確かに自分の中にはこんな思いがあったかもしれない」。狭小な役割意識が外れる。そして、互いの共通点も浮き彫りになった。

外れた鎧。

2日目。個々の想いや信念を真剣に可視化する。過去の自分に向き合い、未来のありたい自分を絞り出す。なぜ自分はここにいるのか。自分が本当に果たすべき役割とはなにか。その使命感は、この組織をどこに導くのか。視座が高まる。心の中にしまわれていた本来の利他の心が開く。最終日。かつて隠れキリシタンたちが建てた教会で、それぞれが志を宣言した。その高い志のスケールに、着飾った鎧は、もう跡形も見えなかった。


 

(医薬品業界)

グローバルで勝てる人材を発掘する。
歴史ある企業の、生き残りをかけた闘い。
 


 

(食品メーカー)

30代から新経営層を創出していく。
グローバルで闘う若きリーダーの育成。
 


 

(スポーツ用品店)

なぜここにいるのか。自らの使命は何か。
根源的な問いかけが真のリーダーを創り出す。
 


 

(不動産業)

個人商店から真のビジネスリーダーへ。
3ヶ月で150億ものアセットを生み出した。
 


 

(コンビニエンスストア)

生き様と事業戦略がリンクし、地域が活性化。
わずか半年で、予想を超える成果が生まれた。
 


 

(中国企業)

中国の現地人材からリーダーを育成する。 万里の長城発、次世代選抜プログラム。
 


 

(研修・教育)

マイナス10度。 モンゴルの大平原で。
 


 

(不動産業)

アフリカの大地に3000年以上続くマサイ。 酋長から偉大なインスピレーションを得た。
 


 

(住宅建材)

統合で生まれた巨大組織の内部で、 リーダーたちの心が一つになるまで。
 


 

(総合商社)

世界17カ国のタレントリーダーが一堂に集結。
リージョン主導でビジネスを構築する、真のリーダーシップが生まれた。(前編) 
 


 

(情報通信)

巨大組織に新しい企業カルチャーが生まれた。
職人からリーダーへ。エンジニアたちの覚悟と決意。