Case Study

(中国企業)

中国の現地人材からリーダーを育成する。
万里の長城発、次世代選抜プログラム。

F社は、日本の自動車メーカーの専属パーツメーカーとして中国に複数の統括本部と数カ所に工場を構えており、社員数は数千名にのぼる。新董事長が着任した今年、更なる飛躍を求めて本格的に現地人材の育成に着手した。これまで中国市場に展開している企業のほとんどは、現地人材に対しては「教育と管理」に集約し、本質的な「育成」をなおざりにしてきた。F社のチャレンジが始まった。

なぜ現地人材を育成するのか。

これから2年間かけて、次期リーダーを育成していく。スタートプログラムが終了後は、すでに次のステージが用意されている。本格的なタレントマネジメントを現地人材へ展開していく。ようやくその口火を切られるのだ。ただ、ここにたどり着くまでには、相当な困難があった。「すぐ辞めてしまうかもしれない現地人材をなぜ育成するのか」「まだそのレベルにはない。まずはスキルからだろう。リーダー育成など早すぎる」。日本人駐在員は口を揃えて酷評した。しかし、「できるかどうか?ではない。中国ビジネスの将来を創造するために、どうできるかだ。」経営陣と本社の確固たる覚悟を引き出したことで、プロジェクトはスタートした。

将来を期待される24名を選抜。

プログラムのテーマは二つ。「現地人材にしか見えない価値を生み出すビジネスプラン」。そして、「そのビジネスプランを自覚と覚悟を持って実現する意志の醸成」。現地人材4000名の中から、将来を期待される24名が選抜された。ただでさえ帰属意識を持たせにくい海外拠点。しかも、異なる文化的背景を持つ中国人スタッフから真のコミットメントは生まれるのか。プログラムは、万里の長城での「軸」探求セッションからのスタート。プログラム終盤、彼らの目の色が変わっていく。長く管理職を担ってきた選抜人材から、もう一段高いレベルで圧倒的な当事者意識が生まれる。今と未来に対する責任を、自らの意志で宣言していく現地人材たち。自己の生き様と会社の成長が重なり合った時、彼らから力強い誓いが生まれた。


 

(医薬品業界)

グローバルで勝てる人材を発掘する。
歴史ある企業の、生き残りをかけた闘い。
 


 

(食品メーカー)

30代から新経営層を創出していく。
グローバルで闘う若きリーダーの育成。
 


 

(スポーツ用品店)

なぜここにいるのか。自らの使命は何か。
根源的な問いかけが真のリーダーを創り出す。
 


 

(不動産業)

個人商店から真のビジネスリーダーへ。
3ヶ月で150億ものアセットを生み出した。
 


 

(コンビニエンスストア)

生き様と事業戦略がリンクし、地域が活性化。
わずか半年で、予想を超える成果が生まれた。
 


 

(中国企業)

中国の現地人材からリーダーを育成する。 万里の長城発、次世代選抜プログラム。
 


 

(研修・教育)

マイナス10度。 モンゴルの大平原で。
 


 

(不動産業)

アフリカの大地に3000年以上続くマサイ。 酋長から偉大なインスピレーションを得た。
 


 

(住宅建材)

統合で生まれた巨大組織の内部で、 リーダーたちの心が一つになるまで。
 


 

(総合商社)

世界17カ国のタレントリーダーが一堂に集結。
リージョン主導でビジネスを構築する、真のリーダーシップが生まれた。(前編) 
 


 

(情報通信)

巨大組織に新しい企業カルチャーが生まれた。
職人からリーダーへ。エンジニアたちの覚悟と決意。
 


 

(自動車)

現地スタッフをマネジメントする。
日本人駐在員にリーダーシップが宿った。