Case Study

(不動産業)

個人商店から真のビジネスリーダーへ。 3ヶ月で150億ものアセットをチームで生み出した。

2009年、ファイナンシャルクライシスにより、不動産業界を取り巻く状況は一変した。業界の異端児として一斉を風靡してきたD社だが、ビジネスモデルは徐々にコモディティ化。創業社長の力だけでは限界に陥った。

成功体験が生んだ連帯感。

2018年、リーダーの意識改革を狙ったプロジェクトがスタートした。次世代のリーダーを担うメンバー20名を選抜。3ヶ月間のコーチングにより、各人のリーダー意識の格上げと、そのプロセスにおいて企業への帰属意識を高めるダブルアプローチをとった。個としてのリーダー意識と、他者との建設的な関係性の両立。理想とする本質的なチームのあり方をプロセスの中で体現していく。  
従来は極めて個人商店的な感覚を持ってきたリーダーたち。尖りに尖った個が、初めて直面する他者との協業、そして、関係性の構築であった。逃げ隠れできない自分との対峙によって、研ぎ澄まされた感性が生まれる。そこで得た人間としての本能的感覚。そして、プログラムを通じて得られる達成感や連帯感。人と人が関わり、人を巻き込み、相手を大切にする。プロ同士が一つのチームとなった。

たった3ヶ月で驚くような成果。

その感覚がビジネスへ移行する。もとよりビジネス感覚の鋭いリーダーたち。新しい武器を得た彼らが、価値を生み出すのは容易いことだった。彼らが連帯したことで、3ヶ月で150億のバリューアセットが生まれた。当の本人たちでさえ、驚くような結果。良いだけではない、強いチーム。これからの組織に求められる本質的なチーム力が生まれた。  
不動産の横流し売買の時代は終焉を迎えた。今後は付加価値を創造し、ハイバリューで展開していく時代へ。このエコシステムの突破口を創り上げた。チームがワークするための本質的な姿勢と方向性に皆が気づく。チームでお互いを鼓舞して行くことで、サスティナブルな組織成長をもたらす。この結果がもたらしたのは組織の活力。力を得た組織は、新たな不動産市場の付加価値創出モデルに本気で挑む。今、トップ経営陣自らが次のステージへのチャレンジを仕掛けている。


 

(医薬品業界)

グローバルで勝てる人材を発掘する。
歴史ある企業の、生き残りをかけた闘い。
 


 

(食品メーカー)

30代から新経営層を創出していく。
グローバルで闘う若きリーダーの育成。
 


 

(スポーツ用品店)

なぜここにいるのか。自らの使命は何か。
根源的な問いかけが真のリーダーを創り出す。
 


 

(不動産業)

個人商店から真のビジネスリーダーへ。
3ヶ月で150億ものアセットを生み出した。
 


 

(コンビニエンスストア)

生き様と事業戦略がリンクし、地域が活性化。
わずか半年で、予想を超える成果が生まれた。
 


 

(中国企業)

中国の現地人材からリーダーを育成する。 万里の長城発、次世代選抜プログラム。
 


 

(研修・教育)

マイナス10度。 モンゴルの大平原で。
 


 

(不動産業)

アフリカの大地に3000年以上続くマサイ。 酋長から偉大なインスピレーションを得た。
 


 

(住宅建材)

統合で生まれた巨大組織の内部で、 リーダーたちの心が一つになるまで。
 


 

(総合商社)

世界17カ国のタレントリーダーが一堂に集結。
リージョン主導でビジネスを構築する、真のリーダーシップが生まれた。(前編) 
 


 

(情報通信)

巨大組織に新しい企業カルチャーが生まれた。
職人からリーダーへ。エンジニアたちの覚悟と決意。
 


 

(自動車)

現地スタッフをマネジメントする。
日本人駐在員にリーダーシップが宿った。